ご挨拶

皆さん、こんにちわ

日頃は当店をご贔屓いただきまして誠にありがとうございます。

当店では みなさまが健康で、豊かな心を持ちつづけていただくため、年に一度だけ自然から恵まれる お茶をお届けしています。

こんなすばらしい仕事が続けていけるのも、今日まで沢山のみなさんに支えられてきたからだと思っております。 感謝 申し上げます。

これからも当店なりのこだわりを忘れず素晴らしいお茶づくりを続けてまいりますので、お気付の所がございましたらお教え頂きます様お願い申し上げます。

社会経済は大変厳しい状況にありますが、益々みなさまに健康と豊かな心づくりにお手伝いが出来るよう日々努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

平成29年(2017年) 初春 有限会社 茶城 藤田園
代表取締役 藤田照治

信楽 茶茶茶

2016年 藤田園では、昨年に引き続き、お茶の感動体験を開催します。

手摘みはもちろん、石臼で抹茶を挽いたりします。

年間スケジュールはこちら

先日のウーロン茶つくりの様子

なお、お茶芽Dream朝宮主催の体験教室もあります。otyamedream.comをご覧下さい。

私たちの住む朝宮

私たちの住む甲賀市信楽町は、滋賀県の最南端で信楽焼き、朝宮茶、そして聖武天皇の宮跡など歴史、伝統ある名高いところです。

また、新名神の信楽インターの開通で地域の活性化が期待されているところでもあります。私たちは、お茶の栽培、加工、生産、販売を1200年も前の古くから代々受け継いでいます。

お茶は、コーヒー・ココアとともに3大ノンアルコール飲料として古くから広く飲料され親しまれ続けられています。お茶のペットボトルは爆発的に伸び、ここ10年で5兆円産業にもなっていると言われています。

近年、日本のみならず、世界で日本茶の健康効果が注目されつつあります。皆さんもぜひ朝宮へお越しください。

朝宮茶とは?

1,200年の昔 聖武天皇が、この信楽の地に都を作られました。

時は同じころ、僧 最澄(伝教大師)は、中国より茶の種子を持ち帰り「比叡山麓」および「朝宮の岩谷山」に植えられたのが茶業の始まりです。

信楽焼きと並ぶ朝宮茶は、古くから培われてきた人と自然が共存するすばらしい風土が根付いています。

また、信楽高原のきれいな水と空気、輝く太陽の下でせいさんされ味がよく香気にすぐれた日本の代表的な銘茶です。

どうぞ本場の香り「朝宮茶」を存分にお楽しみください。